修復歴のある車は要注意

修復歴ってそもそも何?

中古車探しをしていると、修復歴の有無についての情報があることが分かります。修復歴というのは、フレーム部分の修正や交換などが行われているかどうかを示す項目であり、修復歴ありならば、過去に何かしらのトラブルがあったと判断することができます。修理歴と混同されることもありますが、まるで異なる意味を持ちますので注意しましょう。例えば、壊れたバンパーを直しただけでは単なる修理歴となりますが、フレームにまで手を加えている場合は修復歴がつきます。フレームは車にとって非常に重要なパーツであり、ここに損傷があった中古車については購入に注意が必要です。車探しの際にはしっかりと有無を確認するほか、詳しい内容についてもチェックしておくことが望ましいです。

どんなリスクが考えられる?

修復歴ありの中古車でも、しっかりと整備をされた上で販売がされていることが多いです。しかしそれでも細かな不具合が出ることもあり、例えばまっすぐ走らない、ハンドル越しに振動が伝わる、少しの衝撃で異音が生まれるなど、症状は多岐にわたります。車は安全に乗れてこその道具ですので、違和感を覚えるようですと安心して使いにくく感じますよね。その分、価格が安いことが殆どではあるものの、安全安心を犠牲にしてまで選ぶべきか、よく見極める必要があるでしょう。また、売却をする際にも安値になる可能性が高いため、手放す時のことも考えておきたいところです。必ずしもリスクがあるわけではないものの、価格の安さだけで選んでしまわないよう、注意は必要と言えるでしょう。